絵 具 の 種 類 

 絵具が「顔料」と「ビヒクル」から成り立っていることはお解り頂けたと思います。絵具のそれぞれの話をする前に、「塗料」と「染料」について説明いたしましょう。塗料も染料も色を何かに着けるという意味では目的は似ています。
 まず染料ですが、こちらは絵具や塗料に使われる顔料と異なり、色素自体が水や油に溶解しています。染料は色を着けようとする対象の表面で「化学的」着色します。顔料では、それ自体は変化せず「糊」によって固定されますので、根本的に着色のメカニズムが異なります。
 塗料は「顔料+ビヒクル」という構成は全く絵具と同じです。では、何処で区別をしたらよいのでしょうか。塗料は本来、建築物だの機械だのといった工業的な側面で使用されるよう大量生産に向いた設計をされ、コストであるとか使いやすさなどが重視されます。絵具ともっとも異なる点は、「発色」「表現の幅」や「耐光性」等で顔料の品質とビヒクルに左右される部分です。
 もちろん、塗料を絵画作品に用いる作家も多くいます。壁画装飾のような大作では、塗料の方が扱いやすかったり、コスト面でメリットがでたりします。アクリル絵具も本来は塗料からスタートしたもので、戦後「アーチスト用」が発売されるまでは室内塗料のペンキを絵画に持ち込んでいました。
 下表に主な絵具の種類と構成を示しました。

         

《水性絵具》

《油性絵具》

透明水彩絵具
アクアレル

顔料+アラビアガムメジウム (濃)+グリセリン・・・ 油絵具 顔料+乾性油(リンシードetc)

不透明水彩絵具
ガッシュ

顔料+アラビアガムメジウム (薄) 現代的油絵具 顔料+体質+乾性油(リンシード、ポッピー、サフラワーetc)
テンペラ 顔料+卵黄+酢+水 樹脂絵具 顔料+リンシード +樹脂 (ダンマル、マスチック)
テンペラグラッサ 顔料+卵黄+樹脂+重合油 アルキッド 絵具 顔料+アルキッドメジウム
テンペラミスタ 顔料+全卵+樹脂+重合油 油性版画絵具 顔料+乾性油+レジューサー
カゼインテンペラ 顔料+カゼイン (コットンチーズ)    
日 本 画 顔料+膠液    
ポスターカラー 顔料+体質+アラビアガムM.    
ガム絵具
東南アジアの壁画
顔料+ゴムの樹液    
アニメーションカラー 顔料+合成樹脂メジウム    
アクリル 顔料+アクリルエマルジョン    
フレスコ 水[+石灰]    
粉末絵具 顔料+    

《固形絵具》

パステル 顔料+アラビアガム(トラカントガム)   クレヨン 顔料+蝋+硬化油
チョーク 顔料+焼石膏(+水) オイルパステル 顔料+オートミル+ミルク
    オイルスティック ワックス+リンシード

絵具とは何か? 絵具の原料 世界の油絵具 油絵具 油絵技法 油絵具の有害性 色材講習会
絵具の乾燥と発色 ハンドメード工房 油絵のトラブル テンぺラ テンペラ技法 絵画下地の種類 製品倉庫
絵具の種類と構造 画用液 油絵具の工場 水彩絵具 水彩技法 水彩絵具の工場 原料倉庫
フロント 事務室 画筆の種類 パステル フレスコ技法 新製品情報 関連リンク